睡眠障害の症状と原因・治療法 > レム睡眠行動障害(RBD)

レム睡眠行動障害(RBD)

睡眠障害の場合、寝ている間にさまざまな症状が現れます。

レム睡眠行動障害(RBD)は、特に大人が問題になる症状です。

睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠に分けられます。

レム睡眠は比較的に浅い睡眠の状態で、全体の10~20%と割合的には少ないのですが、夢の大半がこのレム睡眠の間に見ます。

レム睡眠の間は通常、体の力が抜けた状態です。

しかし、この病気では、何らかの原因によって、体の力が緩むことがありません。

夢でけんかをしたり、何かに追い掛けられたり、頻繁に暴力的な夢を見ることから始まります。

そして、数カ月~1年経つと、徐々に睡眠中に大声を出したり、暴力まで振るうようになります。

夢での行動を、実際に同じように行なってしまうのです。

たまに起き上がる程度の軽い症状なら心配要りません。

しかし、家族や周囲の人に危害を与えるような行動がみられたら、専門科の医師に相談して治療する必要があります。

RBDは、認知症の夜間せん妄と誤って診断されて、間違った治療法を受け悪化する場合もあるようです。

またRBDは、パーキソン病や認知症の初期段階の症状が現れる場合もありますから、注意が必要です。

RBDの治療としては、抗てんかん薬の一種のクロナゼパムや、レム睡眠を軽減させる睡眠薬が効果的とされ使用されます。

クロナゼパムは、服用を始めてから1週間程度で、約8割の患者が改善され、異常な行動が減少していきます。

異常な行動がみられたら、本人と周りの人が苦しむ前に、早い時期に医師に相談することが大切です。