睡眠障害の症状と原因・治療法 > 睡眠時遊行症について

睡眠時遊行症について

睡眠障害で、睡眠中に現れる症状として、睡眠時遊行症(Sleep walking)というものがあります。

これは、いわゆる「夢遊病」と呼ばれるもので、小児の10%以上に現れるという報告もあります。

たいていは、とても深いノンレム睡眠の時に現れるので、入眠してか1時間前後に認められます。

発症する年齢は4歳~8歳くらいで、ほとんどが思春期までには遅くても見られなくなります。

このように、ほとんどが心配する必要はありませんが、てんかんなどの他の病気によって、その症状が現れている場合もあります。

また、自宅以外で寝泊りする場合には、事故を起こさないように注意が必要です。症状がひどい場合には、医師に相談して下さい。

症状が現れて、遊行している時は、起こさないようにしてください。

遊行中は、とても深く眠っている状態なので、無理に起こさないで、布団に戻してあげてください。

睡眠時遊行症は、正常の範囲内の症状とされるので、症状を抑えるような薬は、ほとんどありません。

その原因によっては、抗うつ薬で症状が抑えられた、という報告もあるようです。

しかし、必ず抑えられるという薬はあまりないようです。

自宅でできる対策としては、症状が現れる時間が、毎晩だいたい決まっているのなら、その15~30分前になったら、強制的に起こさせることを5日~30日くらい続けてみてください。

確実ではないですが、それで、治ることもあります。

また、症状を悪化させないために、ストレスや疲労をためないようにしましょう。

一部の薬によって、症状を悪化させることもあるので、薬を服用するときは、医師や薬剤師に相談しましょう。