睡眠障害の症状と原因・治療法 > 不眠症予備軍の特徴

不眠症予備軍の特徴

入眠するのに時間がかかるといった、不眠の症状が現れない人の中には、不眠症予備軍の人もいます。
どんなところでも、すぐに眠られることを特技としている人がいますが、このような人が、不眠症予備軍の場合が多いです。
いつでもどこでも眠ることができるということは、寝不足が原因なのです。

正しい睡眠時間をとっている健康的な人は、昼間にそう簡単には眠ることができません。
睡眠と覚醒が正常にできている人は、昼間は活発に脳が起きた状態なので、寝ようとしても眠ることができないのです。
ところが、睡眠不足の人や不眠で悩んでいる人は、体が睡眠を必要としているので、昼間でも横になると、すぐに眠ることができるのです。

こうした不眠症予備軍の人は、すっかり睡眠のサイクルが乱れているので、不眠の症状がすぐに出てきてもおかしくない状態です。
自分では、不眠症になる要素があることを、よく認識できないかもしれません。
しかし、不眠症予備軍であることに、ほぼ間違いありません。
いつでもどこでも寝られることは、特技なんかではないのです。
本格的な不眠症になってしまう前に、自分の生活を見直して、睡眠を増やすなど規則正しい生活を送りましょう。
そして、理想的な睡眠のサイクルを身につけることが、とても大切なのです。

健康的で睡眠が十分な人は、夜寝床についてから、寝入るまでに10分~15分くらいかかります。
それくらいかかるのが正常なのです。
予備軍の人は、5分もかからないうちに、眠ってしまうでしょう。
それは、睡眠不足が続いていることを意味しているのです。