睡眠障害の症状と原因・治療法 > 睡眠ホルモンのメラトニン

睡眠ホルモンのメラトニン

メラトニンというホルモンは、眠りを誘う効果があることで知られています。

メラトニンには、体温と脈拍、血圧を低下させる作用をします。

これにより、覚醒と睡眠のサイクルをうまく調整し、自然に眠くなるのです。

メラトニンは、時差ぼけを防止する効果もあり、時差ぼけ予防の薬にもなっています。

それでは、どうやってメラトニンを増やすのでしょうか。

アミノ酸の一種のトリプトファンは、脳内物質であるセロトニンをつくる原料となります。

トリプトファンは、バナナや牛乳などに含まれています。

そして、セロトニンが分解されることで、メラトニンの分泌を促します。

メラトニンは、アメリカでは、熟睡するのに効果的なサプリメントとして注目されています。

また、メラトニンは、若返りの効果があるホルモンとしても知られています。

睡眠をしっかりとることによって、メラトニンが脳の中で分泌され、若々しさを保つことができるということです。

メラトニンは、自然に人間の体の中でつくられるホルモンです。

夜眠り朝目覚めるという、正常な生活サイクルを保っているのなら、サプリメントなどを摂取する必要はないのです。

ただ、メラトニンの分泌は年齢とともに減少します。

また、不規則な生活をしていると、メラトニンが正常に分泌されない場合があります。

まだ暗いうちに目が覚めてしまう方は、メラトニンが不足しているかもしれません。

それを補うために、夕方以降にサプリメントを摂取すると、スムーズに寝つくことができ、朝早く目覚めることもなくなってくるでしょう。

メラトニンをサプリメントではなく、食品で摂りたい方は、アブラナ科の野菜のケールがおすすめです。

これは、青汁の原料として知られています。

ケールはブロッコリーやキャベツの原種で、ビタミンや食物繊維、カルシウムなど、豊富な栄養素を含んでいます。

ケールをもっとも手軽にとる方法としては、やはり青汁を飲むことです。

メラトニンを摂るためには、夕方以降に飲むのが効果的です。