睡眠障害の症状と原因・治療法 > 安眠のための理想的な食生活

安眠のための理想的な食生活

ぐっすり熟睡するための食生活のポイントは、第一にやはり栄養のバランスに気をつけることです。
野菜や果物、炭水化物、鶏肉や魚などのタンパク質、ビタミンやミネラルなどをバランスよく摂取することが大切なのです。
また、食事の量についても気をつけなくてはいけません。
朝は適量で、昼食はたっぷりと食べ、夕食は少しなのが原則で、これが健康的な食生活といえます。

また、脂肪の多い食べ物は、できるだけ避けましょう。
特に揚げ物は、油をたくさん摂ってしまいますので、注意が必要です。
体内で脂肪分を分解するためには、長い時間がかかります。
このため、夜遅くに揚げ物を食べると、胃の消化活動が夜中まで続くため、よく眠れなくなってしまうのです。
同様に、刺激的な香辛料やニンニクなども、夕食では食べないようにしてください。

逆に、体に良いものは、黒っぽい色のものです。
昆布、のり、ワカメ、黒ゴマなどの黒色の食材は、体の調子をうまく整えてくれます。
パンでも食パンのような真っ白なパンよりも、胚芽パンの方が栄養があります。
お米も白いお米よりも、玄米の方が豊富な栄養素を含んでいます。

また、グッスリと眠るためには、カルシウムをしっかり摂ることが効果的です。
カルシウムには、気持ちをリラックスさせ、穏やかに眠られるようにする作用があるのです。
カルシウムを多く含む食品は、乳製品や小魚、海草などです。

いろいろなことに忙しい現代人は、理想的な食生活を送るのが難しいかもしれません。
しかし、特に不眠で悩む人には、できるだけ理想的な栄養バランスを保つことが重要です。
食事では、なかなか栄養バランスを整えるのができない場合は、サプリメントを使って、食生活では摂取できない栄養素を補っても良いでしょう。
サプリメントは、夜よりもできるだけ朝に摂取したほうが、効果的だといわれています。