睡眠障害の症状と原因・治療法 > 歯ぎしりについて

歯ぎしりについて

歯ぎしりは、そのまま放っておくと、二次障害としてさまざまな症状が現れる場合もあります。

歯ぎしりは、歯やあごにとても大きなダメージを与えます。

実は、とても危険な歯ぎしりのことを、しっかりと知っておく必要があるのです。

歯ぎしりは、それをしている本人は、全然気が付いていません。

それは、なぜなのでしょうか?

それは、寝ている間は、感覚器の伝達経路が断ち切られるためです。

音が脳へ伝わるとき、覚醒の状態では、筋肉から脊髄を通ります。

しかし、睡眠中は、この回路が働かなくなります。

つまり、周囲の人や家族に指摘されなければ、自分では歯ぎしりをしていることに、ほとんど気づくことないといってよいでしょう。

また、あまり音を出さなくて、ぎゅっと歯を噛み締めるような歯ぎしりも多いようです。

そのため、自分は知らずに歯ぎしりをしている人は、意外と多いのです。

それでは、なぜ歯ぎしりをするようになるのでしょう。

それは、歯のかみ合わせが悪くなっているときに起きます。

たとえば、虫歯で歯が痛むときや、治療でかぶせた金属冠の高さが適合しないときなどに、かみ合わせが悪くなります。

そのほかの理由としては、精神的なストレスや、肉体的なストレスによる不安などを、歯ぎしりにより発散させている場合があります。

もっとも怖い二次障害は、いびきが睡眠時無呼吸症候群と深く関連していることです。

はっきりとは両者の関係はよくわかっていませんが、歯ぎしりをした後すぐに、睡眠時無呼吸症の症状が現れることがよくあります。

睡眠時無呼吸症候群は、突然死につながる、とても恐ろしい病気なので、注意が必要です。

歯ぎしりを治すには、専門科の医師に相談するのが、もっとも良いでしょう。

歯科医や口腔外科が専門としているので、そちらを受診しよう。