睡眠障害の症状と原因・治療法 > 一過性の不眠について

一過性の不眠について

睡眠障害(不眠症)には、一過性の不眠と慢性的な不眠があります。
一過性の不眠とは、一時的なもので、数日~数週間程度続くだけで、長引くことのない不眠のことです。
一過性の不眠の原因はさまざまです。

たとえば、騒音や温度・湿度の不快感などの環境的な要因によるもの。
時差ぼけなどのように睡眠時間が変化したことによるもの。
家族の不幸など、精神的に大きなストレスかかったことによるもの。
入学試験や大事な会議など、緊張感によるもの。
一過性の病気が原因のもの。

このように、一過性の不眠は、気持ちが高ぶったときや気がかりなことがあるときに起こります。

もちろん、眠れないときはとてもつらいと思いますが、自分でもその原因が分かっているし、ほとんどが数日すれば解消するので、慢性的な不眠に比べて、そんなに問題はないと言えます。

ところで、なぜ、精神的なストレスや気がかりな事があると不眠になってしまうのでしょうか?
人間は本来、体内時計の働きによって、生活のリズムが整っていれば、自然と決まった時刻には眠気を感じ、入眠することができるのです。
ところが、心配事をかかえていると、脳が覚醒し続けるように働き、なかなか眠ることができなくなってしまうのです。

なぜそのようなとき、覚醒し続けようと脳は働くのでしょう。
それは、私たちの祖先の代まで逆戻ります。
まだ洞窟などで生活していた私たちの祖先は、恐ろしい肉食動物に襲われるのではないかという、危険と隣りあわせで毎日生活していました。
そんな環境の中では、決してゆっくり眠っていられるわけはありません。

そのことから、人間は生命を守るために、心配事があるときに、脳が眠ってしまわないような仕組みをつくりあげたのです。
そのメカニズムが、この現代社会においても残って働いているのです。