睡眠障害の症状と原因・治療法 > 睡眠障害による影響

睡眠障害による影響

睡眠障害になると、日常生活においても、さまざまな影響が起こります。

睡眠障害の影響は、身体面や精神面、そして行動面に現れてきます。

まず、身体面への影響ですが、不眠によって体力の低下につながります。

これは、寝ている間に蓄える必要のあるエネルギーを、しっかりと蓄えることができないからです。

また、睡眠障害により、自律神経やホルモンのバランスが崩れて、免疫力が低下してしまいます。

そのため、他のさまざまな症状を引き起こしたり、持病が出やすくなることもあるので注意が必要です。

次に、睡眠障害が精神面に与える影響です。

睡眠が充分に取れないことで、落ち着きがなくなり、不安で気持ちが暗くなり、怒りやすく、疲労を感じ無気力になるなどの症状を伴う場合があります。

さらに、吐き気を催したり片頭痛が起きたり、食欲が低下する場合もあります。

行動的な影響としては、判断力や注意力が低下してしまい、失敗をしやすくなります。

そして、作業する時間や手間が、必要以上にかかってしまいます。

人とあまり接することもなくなったり、仕事などでミスを多くすることもあります。

睡眠障害の影響で、事故を起こす率が高くなり、交通事故を起こしてしまうこともあるので、大変注意が必要です。

このように、睡眠障害は多岐に渡り影響を与えます。

だから、睡眠障害と疑われたら、自分の生活を向上させるために、なるべく早く専門の病院で相談に乗ってもらうことが大切です。