睡眠障害の症状と原因・治療法 > 睡眠障害の対処法

睡眠障害の対処法

適量のアルコールは健康を増進するといわれています。

しかし、寝る前に飲む「寝酒」を続けると、快適に眠ることができなくなることがあるので注意が必要です。

アルコールを飲むことで、寝付きがよくなることは確かですが、夜中に目が覚めてしまうことが多いです。

アルコールを飲むと、眠りの一定のリズムが崩れ、このような現象が起こるようです。

また、寝酒を習慣にしていると、そのうちに大量のアルコールを取らないと眠れなくなることもあります。

寝付きの悪くアルコールに頼ってしまう人は、健康のことを考えると、睡眠薬を服用することの方が、健康に良いでしょう。

最近では、作用時間が短い優れた睡眠薬が開発されているようです。

悩んでいる人は、医師に相談してみてください。

人間には体内時計があり、夜になれば眠くなり、朝には目覚めるという活動サイクルをもっています。

朝、目覚めたときに目の中に太陽の光を入れることで、脳の体内時計が感知するのです。

この時点から、ホルモンの分泌により、一定時間がたつと眠気がくるようになっています。

だから、夜良い寝付きができるためには、朝、たっぷりと太陽の光を浴びることが大切なのです。

また、昼間には、活動をしっかりとして、身体を適度に疲れさすことも、良い睡眠に効果的です。

逆に、夜更かしを極端にすることで、体内時計が狂ってしまい、睡眠障害につながります。

また、たとえ生活リズムを守ったとしても、寝る前にカフェインの入った飲み物(コーヒーや紅茶、ウーロン茶など)を飲むと、目がさえて眠れなくなってしまいます。

どうしても飲みたい人は、飲む時間と量を気にしながら、ほどほどに飲んでください。

さらに、寝る前に喫煙することも、眠れなくなる原因になるので注意が必要です。

寝ている間は、胃や腸も休んでいるので、寝る前の2時間以内は、食事は極力避けたいものです。