妊娠と眠気

妊娠すると、昼間でもとても強い眠気に襲われることがよくあります。

それには、いくつかの理由があります。

妊娠は、子孫を残すための、大きな段階を乗り越えたわけだから、もう男性を探しに出かける必要もありません。

また、妊娠した女性は、胎内で大事な命を育てなければいけないし、女性として最大のエネルギーを必要とする出産に備えなければいけません。

そのため、母親の体は、無駄なことにエネルギーを使わないようにするのです。

無理やり活発的に出かけたりすると、事故などに巻き込まれる可能性もあり、流産という最悪の場合もあります。

このようなことから、妊婦の脳は、できるだけ体を動かさないようにして、休ませようと仕向けるのです。

そのため、強い眠気を与えているといわれています。

思春期から更年期の期間、女性ホルモンが、睡眠に大きな影響を与えています。

女性ホルモンには、妊娠を準備するためのエストロゲンと、妊娠を成功させて状態を保つためのプロゲステロンがあります。

排卵後は、プロゲステロンが増えています。

プロゲステロンには、眠気を誘う作用があるので、月経前の一週間は強い眠気に襲われるのです。

妊娠3ヶ月までは、大量にプロゲステロンが分泌されるので、昼間から強烈な眠気に襲われます。

そして、妊娠6ヶ月になると、次第にプロゲステロンは減少しだし、妊娠9ヶ月では、プロゲステロンが減って、その代わりにエストロゲンが増えてくるのです。

それにより、逆に、出産前は眠気を感じなくなり、なかなか眠れなくなったり、熟睡できなくなるのです。