睡眠障害の症状と原因・治療法 > 過眠症(ナルコレプシー)

過眠症(ナルコレプシー)

昼間、仕事中や授業中にとても眠く困ったことは、誰でもあると思います。

でも、その眠気が耐えられないほどだったり、毎日続くような場合は、病気の可能性があるかもしれません。

昼間に眠くなるなんて、緊張感がないと思われたり、眠くなることと病気がつながらず、それが病気だということが気づきにくいことが多いです。

睡眠障害のひとつ、過眠症(ナルコレプシー)という病気の主な症状は、昼間でも突然と強い眠気がきて、眠り込んでしまうという睡眠発作などです。

重要な商談や試験の最中にもかかわらず、眠気がくることが多かったら注意しなければいけません。

副症状としては、情動脱力発作という症状が起きます。

たとえば、怒ったり笑ったりするときに、力が体中から抜けてしまったり、倒れこんでしまうことがあります。

このような症状がみられる場合や、耐えられないような眠気が2~3ヶ月もの間続くときには、過眠症の可能性があるでしょう。

過眠症になる原因は、なりやすい遺伝的な体質と、環境因子(ストレスなど)が重なることで起こるようです。

しかし、ほとんどが確実な原因が分かりません。

また、手術や頭部に外傷を受けたり、睡眠不足が長く続いたときなどの、身体的に大きなストレスがかかった直後に発症することがあります。

過眠症の対処法としては、夜によく睡眠をとることが大事です。

それでも昼間に強い眠気がくるときは、かかりつけの内科や神経内科精神科、睡眠外来で診断を受けてください。