睡眠障害の症状と原因・治療法 > 睡眠相後退症候群について

睡眠相後退症候群について

睡眠障害で悩んでいる人の中には、少しずつ眠る時間が、毎日ずれて遅れていき、昼夜が逆転してしまう人もいます。

この睡眠障害を、睡眠相後退症候群といいます。

このような経験をした人は多いと思います。

たとえば、前日に夜更かししたことで、朝寝坊をしてしまい、その日の夜も早く寝付けず、そのまま夜型の生活になってしまうようなことです。

それがとてもひどい人は、本人では直そうと努力していても、必ず、毎日少しずつ時間がずれていき、2~3週間に一度は起きれずに、学校や仕事にも行けなくなることがあるようです。

ただこの病気は、それが生活習慣の乱れなどから生じることも多く、確かな原因がわかれば、すぐに解決できるようです。

人間は、もともと約24時間のリズムで生活しています。

しかし、このリズムは、さまざまな環境因子で毎日修正されています。

たとえば、朝早い時間に日の光に当たれば、そのリズムは短くなります。

逆に、夜遅くに日の光に当たれば、リズムは長くなるのです。

そして、昼前後に光に当たっても、あまりリズムの変化はありません。

そのため、明るい部屋で夜更かししてテレビを見て、次の日の朝は寝坊して、光に当たるのが10時頃では、体内の時計は確実に遅れてしまうということです。

健康ならば、多少夜更かししても、次の日に早起きすれば、また体内時計を進められ、正しい24時間に調節することができるのです。

24時間のリズムが乱れて、悪循環になっている場合は、それをどこかで止めなければいけません。

最も理想的なのが、悪循環をリセットする日を設け、その期間は早寝早起きをすることです。

そして、その期間は1時間程度太陽の光を浴びるようにします。

リセットできたら、その後も、また悪循環にならないように、規則正しい生活を心がけましょう。