睡眠の役割とは

ほとんどの人が、自然と夜になると眠くなって、朝になると目覚めます。

このリズムは、脳の中にある「生体時計」がコントロールしています。

明け方に最も体温が低くなり、昼間に上昇していき、夕方にかけてがピークで、そして徐々に下がっていくのです。

人間は体温が下がってくると眠くなります。

この体温とは、深部体温という体の内部(脳や腸など)の温度のことです。

このように、人間は、生体時計の働きや深部体温によって、眠くなったり目覚めたりするのです。

そもそも睡眠とは、どんな役割があるのでしょう。

睡眠をとることで、体だけでなく脳も休みます。

また、深い睡眠の間には、成長ホルモンが集中的に分泌されるのです。

さらに、睡眠によって脳の過熱を防いでいます。

あったかいお風呂に入ると深部体温は上昇し、入浴した後、入眠しやすくなります。

そして、その時生じる脳の過熱を、睡眠によって防いでいるのです。

睡眠のなかでも 徐波睡眠という深い睡眠の状態では、深部体温を大きく下げる働きがあります。

また、睡眠中にはエネルギーを保存しています。

起きている間は、体の中の物質を酸化させて、エネルギーをつくり出し、それを心と身体を活動させる動力にしているのです。

これに対して、睡眠中はその作用を抑えて、エネルギー源を保存しています。

特に深く眠っている徐波睡眠中には、最もエネルギーの消費量が低下しています。

それでは、睡眠は何時間とればよいのでしょう。

必要な睡眠時間は人それぞれ異なります。

よく8時間とるのが理想的といいますが、それはあくまでも平均値です。

睡眠時間の長さに関わらず、日中眠くなくシャキッとしているのなら、それがその人に適した睡眠なのです。