悪夢について

毎日のように、悪夢に悩まされて困っている人もいると思います。

しかし、残念ながら「悪夢」については、医学的には解明されていません。

たいてい、夢は誰でも見ているのに、覚えていることは少ないものです。

夢の内容もいろいろあり、悪夢の方が特に覚えているので、多くの場合が悪夢となるのです。

悪夢というものは、病気ではないので、治療の対象にはほとんどなりません。

しかし、レム睡眠の状態の時が、夢を見る割合が多いことから、悪夢をよく見るということは、睡眠の質が悪くなっていると考えられます。

悪夢を頻繁に見る人の割合は、5~10%と報告されています。

その原因としては、精神的なストレスやトラウマがある場合、レム睡眠が増えて睡眠自体が障害されている場合などです。

ストレスやトラウマがある場合は、レム睡眠が増えることによって、睡眠障害が起き、悪夢を見ることになります。

レム睡眠が増える原因は、精神的なものとは別に、生活面に問題があるようです。

それは、寝室の温度や湿度が適していなかったり、生活のリズムが乱れているなどです。

ただ問題なのは、このような原因がはっきりと見つからないことが多いことです。

悪夢に対しての効果的な対策は、あまりないようですが、明確な原因がはっきりしている場合は、精神療法を行うことによって効果があるようです。

また、睡眠薬の多くは、レム睡眠を減らす効果があるので、悪夢によってどうしても寝不足になっているようなら、睡眠薬を服用することで効果が出ることがあります。

専門の医師に症状をはっきりと伝え、睡眠薬の処方箋を頼むとよいでしょう。