睡眠障害の症状と原因・治療法 > 長時間睡眠者について

長時間睡眠者について

長時間睡眠者とは、一日の睡眠時間が、9時間以上必要とする人のことをといいます。

長時間睡眠者で有名なのが、相対性理論で知られるアインシュタインで、一日の睡眠時間は10時間以上だったといわれています。

いくら睡眠時間が長くても、深く眠っている時間が長いというわけではありません。

深いノンレム睡眠の時間は、短時間睡眠者とほぼ同じ長さのようです。

また、短時間睡眠者とは違って、レム睡眠や浅いノンレム睡眠の割合が、全体的に多く、夜中に何度も目が覚めてしまうことが多いです。

つまり、長時間睡眠者の睡眠の仕方は、とても効率の悪いものなのです。

性格的にも、活発な短時間睡眠者に比べ、長時間睡眠者は、内気で心配性の人が多いようです。

また、比較的に女性の方が多いようです。

朝すっきりと目が覚めることがあまりなく、多くの人が、昼間でも常に眠気があるような状態です。

長時間睡眠は病気ではありませんが、思いっきり眠らないと元気になれないので、仕事などで充分な睡眠を取れない人にとっては、とてもつらい生活をしています。

では、長時間睡眠になる原因は何なのでしょうか。

残念ながら、医学的根拠はまだわかっていません。

短時間睡眠になるのは、遺伝が関係していることはわかっていますが、長時間睡眠では、まだ確認されていないのです。

10時間も睡眠が必要とする長時間睡眠者は、睡眠時無呼吸のような睡眠障害を生じている場合があります。

長時間寝ているようでも、実は、睡眠中呼吸が停止することで、何度も目が覚めてしまっているのかもしれません。

睡眠時無呼吸の場合、本人は睡眠中に目が覚めていることに気づいていません。

だから、自分では長く眠っていたと思っていても、実際にはそれほど熟睡できていないのです。

周りの人や家族が、異変に気づいたら、すぐに病院に行くことが大切です。