睡眠障害の症状と原因・治療法 > 金縛りは睡眠障害の一種

金縛りは睡眠障害の一種

金縛りを経験したことのある人は、少なくないと思います。

中には、金縛りを心霊現象だとか、呪われていると捉えて、恐れて眠れない人もいるでしょう。

しかし、これは心霊現象などではなく、睡眠障害の一種なのです。

脳が起きている状態のレム睡眠の時に、なんらかのきっかけで、目覚めてしまうと、自分では意識があるのに、体が思うように動かせないことがあります。

このとき、筋肉は緩んだ状態なので、脳が体を動かすように指令を出しても、筋肉には伝わりません。

そのため、自分の意思で動かそうとしても、全然動くことができないのです。

こうして、金縛りが起きるのです。

この状態を医学的には、「睡眠麻痺」といわれています。

ほとんどの場合、完全に覚醒状態となれば、筋肉にも力が入るので、自分の思い通り動かすことができます。

金縛りが起きやすいときは、覚醒と睡眠がうまく切り替わらない時です。

たとえば、入眠する直前や、明け方に目が覚めてしまった時などです。

また、金縛りにかかりやすい人は、睡眠のリズムがバラバラな人、徹夜をよくする人などだといわれています。 

金縛りは、睡眠のサイクルが、規則的でない若者に起こりやすいようです。

特に、睡眠不足の時やストレスが蓄積している時に起こります。

時差ぼけによっても、金縛りになる可能性が高いです。

金縛りによくなる人や、なりたくない人は、規則正しい睡眠をこころがけることです。

規則的な生活サイクルを身につければ、そのうちに金縛りはなくなるでしょう。